2016年4月17日 (日)

地震被害がこれ以上起こらないことをお祈りいたしております

熊本で始まった地震が続いているようです。

どうぞこれ以上被害が拡大しませんように…

心よりお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

高校生の就活はゆっくりでも確実に!

本当に久しぶりの投稿となってしまいました。

書こう書こうとは思いながら、なかなかブログに向かうことができませんでした。

これからなるべく書くようにしていきたいと思っています。

(毎回、このような決意表明ばかりになっているような気がしますが…)

さて、今月伺った普通科高校で感じたことを書いていきたいと思います。

2年生の2月、不安でいっぱいの高校生たちでした。

不安でいっぱいだからこそ、一生懸命ノートを取る生徒さんと、逆にその不安さを人に感じさせまいと敢えてお気楽な雰囲気を醸し出している生徒さんといった両極端な生徒さんが混在していました。

就職状況が良くなっているとはいえ、なかなか確かな手ごたえがあるわけでは無いように感じます。

勿論、一時期のようなひどい状態ではありませんが、かといって高校生たちが入りたいと思える企業に皆が入れる状態とも言えません。

特に普通科は決して良いとは言えません。

やはり高卒で就職するなら、専門学科の高校が良いように思います。

商業高校や工業高校は圧倒的な就職指導、求人の数、企業とのつながりがあります。

大学生も入れないような一流企業に楽々入っていく生徒さんが多いのも専門学科の特徴です。

専門学科の高校生たちは、ほとんどが中学時代から高卒での就職を希望して入学してきますので、覚悟が違います。

こちらが感心するほど熱心に勉強し、充実した学校生活を過ごし、就職していきます。

それに引き替え、普通科から就職は大変です。

学校が、進学重視になってしまっているため、就職できる企業とのつながりが少なく、そのための指導も十分とはなかなか言えません。

本人任せの就職活動で入れるほど企業は甘くないです。

毎回、様々な学校に伺っている私は、どこかに腰を落ち着けて就職指導できればと思ってしまうことも多々あります。

先日会った普通科の高校生たちが、どうか不安なく就活していってくれることを願ってやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

高校生就職試験まで1か月を切りました

8月はお盆が明けますと、毎年1か月後の就職試験のための準備講座が始まります。

履歴書、志望動機、自己PR、面接での立ち居振る舞い、答え方の指導です。

17~18歳の高校生にとっては、大変な作業ですが、ここをしっかり乗り越えた子たちは、大学進学者にはとてもとても敵わないほどの立派な高校生に成長します。

今の泣きたくなるほどの苦労が必ず自身の血となり肉となります。

彼らの成長に関われることはなんと幸せなことかと感じながら、本日の講座も終了しました。

明日も更なる成長を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

アクティブラーニング型志望動機作成講座に挑戦

高校生の就活が本格化しています。

学校の先生方は、日々模擬面接指導にお忙しいことと存じます。

毎年伺っています高校で、8月後半にご依頼いただいている「志望動機講座」をアクティブラーニング形式でやってみようと決心しました。

今までの様にやる方が、自分にとっては楽なのですが、生徒さんたちのことを考えると、次々新しいやり方を提供していきたいと思います。

どの様に講座を進行すれば、よりわかりやすいか、より効果があるか…

しばらくうなされる日々です。

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

8月1日採用試験解禁

すっかりブログの更新が滞っております。

これからきちんと更新していくとどこかで書いたのではありますが、結局ほとんど更新できずにおりました。

今度こそ、また少しずつ更新していきます!

いえ、更新していくつもりです…

頑張ります…

さて、8月1日に大学生の就職試験解禁となっていますが、なぜか続々内定連絡を受けている子が出ています。

本来は、ここから試験のはずですが、結局、もっと前に試験を始めている企業が多いということです。

すんなり既に内定を取っている子と、就職状況が改善されたといっても、内定を取るのに苦労している子がいます。

周りが内定、内定と騒げば騒ぐほど、自分の状況を受け止められなくなっている子もたくさんいます。

本当は、これからなので、決して焦ることもないのですが、このお祭り騒ぎは困ったものです。

どの子も、自分のペースを大切に、就活していっていただきたいとつくづく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

塾生からのプレゼント

このGW前に、突然昨年度の塾生から大きな籠に盛られたフルーツが届きました。

これはきっとご家族様からと、ご自宅に何度もお電話をおかけしたのですが、なかなかお電話が通じませんでした。

1週間ほど、時間を替えて、お電話しましたが通じず、それではと、塾生から以前に聞いていたメールアドレスにお礼メールを致しました。

メールをしてから、約5日。受け取っていらっしゃるようですが、ご返信がなく、もしかしたら、もう既に使わなくなったアドレスかな?と不安になり、ようやく昨日本人の携帯にお電話しました。

いつもの元気な声を聞き、突然、昨年に戻ったような嬉しい気分になりました。

ご自宅のお母様は、お父様の単身赴任の場所に行っていらしてお留守だったとのこと。

ご本人も現在は寮暮らしだから、自宅にはいないとのこと。

メールアドレスも現在使っていないため、読んでいなかったことがわかりました。

な~んだと理解し、御礼を言った後、しばらく彼の近況報告を聞きました。

元気そうな彼に、仕事への意欲が感じられ、嬉しいひと時でした。

爽やかな彼との電話で、この突然のプレゼントが、彼の最初のお給料でのプレゼントであったことを理解し、心が熱くなりました。

卒業前の一時期だけの関わりではありますが、その時の判断が一生を左右するものになります。

不安なあの時の彼の突然の呼び出しに応じて、駅前の喫茶店で何時間も話し込むことで、自信を持って試験に臨んでくれたようです。

入社後1か月が過ぎ、それぞれの会社で活躍している塾生たちは、毎年増えていく新しい息子や娘たちです。

彼らの今後に思いをはせ、今年も、新しい息子や娘たちと共にこの就活を乗り切っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

今の就活

本日もご相談をいただきました。

就活が辛くて辛くてやめたい…とのことでした。

それはそうでしょう…

世の中で、今年は「就職が良い」などと大騒ぎすればするほど、思うような就活が出来ていない人は追い詰められていきますよね。

いつからか、このような状況になってしまいました。

私がこのブログを始めたころは、まだ、本人の自覚や就活のやり方の工夫で何とかなっていました。

ところが、ここ数年、状況は悪化しています。

就活のやり方の上手な人が内定を取り、あまりうまくない人はいつまでも取れなくなっています。

学生の間では、4~5月までに内定取った人間は「優秀」とされ、6~7月で「普通」とされ、8月以降は「落ちこぼれ」扱いです。

夏休みを過ぎても就活をしているなどとは、決して口に出すことも出来なくなり、うまくいっていない学生はどんどん追い詰められていっています。

しかし、実際は4月~5月に内定を取った人間も、まだ内定を取れていない人も差など何もありません。

あるとすれば、やり方を知っていたかどうか、または、教えてもらった通りにやれたかどうか、という違いにすぎません。

結局は、企業にしてみれば、採用後、取りたい人材でなかったことに気が付く。

また、本人も、その就職先でよかったのかどうか不安に感じるようになる、といったことが現実問題として大きくなっています。

若者たちは3年以内に辞めないよう言われているため、最近は3年過ぎてバタバタ辞めはじめています。

なんと素直な若者たちでしょう!

この状況、何とかしていきたいです。

ウチの塾生たちが楽しく就活してくれていることが私にとって一番嬉しいです!

何も焦ることなんかないのです!

本来、就活は楽しいものなのですから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

キャリア教育勉強会

今日は、勉強会でした。

このところ、勉強会が立て込んでいます。

キャリア教育は扱っている範囲が広すぎて、とてもとても一人の学習では追いつきません。

互いに切磋琢磨する仲間がいてくれることは本当に有難いことです。

自宅学習も途方もない量と戦っています。

少なからず人の人生に関わる仕事に就いている身としては、立ち向かっていかなくてはいけないのですが、やはりこういった自分の状況も楽しく感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

内定!

嬉しいことがありました!

9月に入塾のお問い合わせをいただいて、10月1日に入塾した方が、本日内定をいただきました。

春から通常通り就活はされていましたが、学校での様々な活動もあり、周囲に押し流されるような就活をされていたようです。

どうしても、この時点では周囲の話に流され、就活の軸も決まらず、右往左往してしまいがちです。

そうこうしているうちに、友人たちの内定獲得の話に振り回され、更に気持ちが塞いでしまいます。

初めてお目にかかった時、私の前で涙を流されました。

どんなに追い詰められた気持ちになっていたかと思うと、私まで辛くなりました。

それから1か月、すっかり気持ちが切り替わった彼女は、嬉々として就活に取り組んでくださいました。

春にエントリーしていた業界は、彼女のやりたいこととはかけ離れていました。

本日、第1希望の企業に内定です。

自分のやりたいことは何なのか?

自分の入りたい企業はどこなのか?

自分の強みはどんなところなのか?

しっかりと見つめることが大切ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

就活のための塾の要不要

とても残念な記事を見つけました。

「近づくな、入るな!就活塾の危なすぎる実態」

http://toyokeizai.net/articles/-/50764

塾をやっている身としては、全面的に反対意見を述べたいのですが、勿論、記事に書いてあることの全てがウソということもありません。

私たちが就勝塾を開講した2010年は、都内でも就職の塾をやっているところはほとんどありませんでした。

多分5本の指に入るくらいだったと思います。

ところが、景気悪化、震災等による就職難から、その後、恐ろしい勢いで塾が出来ていきました。

人材紹介、人材派遣会社がバックにあるもの、進学塾が作ったもの、英語やパソコン、資格試験等スキル系の教室や塾が併設したもの、学校等でのガイダンス開催会社の作ったもの、個人塾等々…

それぞれの塾はそれぞれに特色を持っていると思います。

記事に書いてあるように、あくどいことをやっている塾もあるかもしれませんが、それは、どの業界でもあることですので、もし、いるとしても、その程度の割合ではないかと思います。

勿論、あくどいことをしている塾の存在を認めているわけではありません!

就職は人生がかかっていますので、それは、ご自身でしっかり見極める力を持つ必要があります。

進学塾も英語塾、パソコン塾も同じですが、どの様に良い塾に入っても、本人がしっかりやらなければ、当然結果は出てきません。

「うまいことを言われて騙された!」というのは、ほとんどのケース、自分は楽をして就活したいと思っていたのに、ちっとも楽じゃない。お金払ったのに、いい会社に入れなかった。友達は就活塾に入らないで、いい会社入ったのに、僕は損をした…といったことのように感じています。

当たり前ですが、大学進学の際も、しっかり勉強した人間がそれなりのところに入るわけです。

英語塾もパソコン塾も、頑張った人間が上達するし、資格も取れるわけです。

それをしないで、塾を批判するのはどうなのでしょうか?

「内定保障」なるものを付けている塾もありますが、どの塾も、それには「自分でしっかり取り組む」という条件を付けています。

当たり前です。

自分が動かなければ、内定などもらえるわけがありません。

塾によって、授業料が違っています。

それも、ご自身のお財布とよく相談して決断を下すべきことです。

記事では、考えると言ったら、突然怒鳴られるということが書いてありますが、怒鳴られても、脅されても、払えないものは払えないので、そこで契約してしまうのは避けましょう。

カリキュラムの説明を受け、それに対し、提示された金額を払う価値がある、また、その塾の講師となら、うまくやっていけそうだということを判断した時に、受講料を支払いましょう。

そして、やるとなったら、しっかり取り組むこと。

今は、大学のキャリアセンターも随分良くなってきたように思います。

私たちが就勝塾を立ち上げた時は、そこに大きな問題点を感じていたため、立ち上げたのですが、現在は大変に頼れる存在になってきたのではないでしょうか。

記事にも書かれていますが、大学のキャリアセンターに頼ることもひとつと思います。

私たちは無理に大勢の塾生を集めることは考えていません。

私たちを頼ってきてくださった方に、出来る限りのサポートをしていっています。

景気が良くなったとは言え、内定を取れていない方もたくさんいます。

大学のキャリアセンターには行けない方もいます。

塾生と一緒に就活していくことが私たちの仕事と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«就活の変化