« 元採用担当者が語る欲しい人材・欲しくない人材(7) | トップページ | 高校生就職試験直前指導 »

2009年8月15日 (土)

元採用担当者が語る欲しい人材・欲しくない人材(8)

就勝塾 http://shukatsujyuku.com/

当塾講師で元採用担当官杉山秀文の寄稿第8弾です。

K.(12)面接編(4)集団の中での振る舞いから判断される
今回も、面接試験でよく使われる、グループ討議についてお話しましょう。

グループ討議では、応募者の、次のような面を主に見ます。

・リーダーシップ
・傾聴
・人への気遣い

◆リーダーシップ

会議などでも、積極的に発言し、議論をリードする人と、ただ時間が過ぎるのを待っているだけの人がいます。

面接の場でも、同様です。

採用面接という、「勝負の場」に出てきながら、じっとしている人って、いますよね。
「この人、何しに来たのだろう?」と思ってしまうのですが。

しかし、ただしゃべればいいというものではありません。

グループ討議で発言している人を観察していると、次のように分類できることに気づきます。

①自分の意見をきちんと言い、問題・疑問を投げかけ、人の発言を聞き、一定の結論を導き出そうする人=リーダーシップのある人

②とにかく自分の意見だけを言っている人=唯我独尊型の人

③他人の発言をなぞっているだけの人=他人迎合型の人

④批判のための批判やまぜっかえしだけの人、シニカルな発言を繰り返す人=評論家型の人

⑤何かと「そもそも論」を持ち出し、議論が進まない人=「実は何も考えていない」型の人、評論家型の人

このように整理してみると、お分かりいただけますよね?
会社が「欲しい」と思うのは、①のタイプです。

特に、②、④、⑤の人は、来て欲しくないタイプの典型です。
「シュガー社員」の名付け親の田北百樹子さんの言葉を借りると、「俺リスペクト型シュガー社員」となるのでしょうか。
教育してもどうにもならないタイプが多いです。

現在就職活動中の人、これから就職活動を迎える人は、友人との集まりやサークルなどでの自分の言動を振り返りましょう。

そしてもし自分に、このような傾向があると感じられたら、なんとか修正するようにすることをお勧めします。

|

« 元採用担当者が語る欲しい人材・欲しくない人材(7) | トップページ | 高校生就職試験直前指導 »

元採用担当官の就活アドバイス」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元採用担当者が語る欲しい人材・欲しくない人材(8):

« 元採用担当者が語る欲しい人材・欲しくない人材(7) | トップページ | 高校生就職試験直前指導 »