« 就勝塾の意味 | トップページ | 採用担当者の悩み »

2010年9月 4日 (土)

就活ー新聞記事活用

就職試験が近づいて、あわてて新聞を読みだす方が多くいます。ところが、読み慣れていない新聞はいったいどうやって読めば良いのか戸惑います。

まず、①一面から見出しに目を通しましょう。

②どのページに何が書いてあるのか把握したら、興味を感じた記事をいくつか読みましょう。

③その中で切り取りたいと感じた記事を切り取ります。

④切り取った記事は、専用のノート見開き左側に貼り付けます。

⑤この記事をマーカーや色ペンで、ポイントにマーキングしながら再読します。

⑥ノートの見開き右側に今読んだ記事を自分なりに要約して書きます。このとき、記事を見ないで書くこと。(リングノートであれば、作業しやすいでしょう)

⑦書いたものと記事を見比べます。修正すべきは修正します。

⑧最後にこの記事について感じた事を要約の後に書き加えます。

この作業を毎日行いましょう。1か月もすれば、かなりの力がつきます。

勿論、希望の業界・会社・職業に関連する記事には、必ず目を通しましょう。

就職試験目前になってなんとかごまかそうとしても、採用担当官にはしっかりわかってしまいます。

全ては、「習慣」です。自分を成長させたいなら、習慣を変えていきましょう。

|

« 就勝塾の意味 | トップページ | 採用担当者の悩み »

大学生就活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 就活ー新聞記事活用:

« 就勝塾の意味 | トップページ | 採用担当者の悩み »