« 就勝塾3回目授業 | トップページ | 就勝塾第4回授業 »

2010年10月26日 (火)

就活生の保護者の皆様へ

保護者の皆様には、まさに心配な時期になってきています。

同じ年頃の子を持つ私としましては、本当に皆様のお気持ちがよくわかります。

私が就職しました頃は、就職状況は決して良くはありませんでしたが、今ほど大変な状況でもありませんでした。

希望の会社には入れなくても、まぁどこかには入れましたし、コネで一流企業に入る人もたくさんいました。

ところが、昨今はコネで新入社員をとれるほど余裕のある企業は減りました。

家族が勤めていれば、入社試験も受けさせてもらえない企業もたくさんあります。

女の子は、かわいらしくにっこり笑って挨拶すればOKという企業はないと言ってもよいでしょう。

自分の強みを自分の言葉で伝え、いかに生きていくか、いかに働いていくかを根拠を含めて伝えていかなくてはいけない時代になっています。

「は~い!がんばりまーす!!」では、入れる企業はないということです。

では、我々の時代と今とで、学生のレベルは上がったのでしょうか?いえいえ、我々が学生だった頃と今の若者は一緒です。

自分が何者なのかつかめなくて、自分が社会で役に立つのかの不安を抱え、それでもほんの少しの希望を胸に、大海に漕ぎ出そうとしています。

そんなお子さん方に保護者の皆様にしていただきたいこと。ただ、優しい目で見つめてあげていてください。

悲しくて、辛くてめげそうになるお子さん方に、ただ、「大丈夫だよ。」の言葉をかけてあげてください。

それで、お子さん方は、また勇気を持って漕ぎ出していけます。

決して、ぐいぐい大海に引っ張り出そうとなさらず、決して、「何でいつまでも就活やってんの?」なんて冷たい言葉をかけないでやってください。

保護者の皆様の役割。それは、お子さん方がおそるおそるでも大海に漕ぎだしていこうとされているのを後ろから温かい目で見つめていてくださることです。

傷ついて帰ってきた時は、心をこめて癒してくださり、また自力で漕ぎだすのを見つめていてくださることです。

どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 就勝塾3回目授業 | トップページ | 就勝塾第4回授業 »

大学生就活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 就活生の保護者の皆様へ:

« 就勝塾3回目授業 | トップページ | 就勝塾第4回授業 »