« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月25日 (金)

就活ストップ!

たくさんの就活生から、就活がストップしてしまった・・・と悩みを訴えられます。

被災地の方のことを考えたら、就活が止まったことなんて、ほんのチッポケなこと・・・

皆、そうはわかっているようです。

でも、辛い・・・どうしたらいいかわからない・・・

それは、正直な気持ちでしょう。

塾生の中には、この危機前に内定(本当は、この時期は内定とは言いませんが・・・)連絡を受けた人もいます。

でも、ほとんどは、最終面接がストップ状態です。

今年は採用活動を中止します・・・という連絡をしてくる企業もあります。

入りたかった企業、魅力に感じていた企業・・・皆、夢の中に霞んで行ってしまうような気持ちになりますよね。

でも、やっぱり落ち着いて考えましょう。

それもこれも全部含めて、自分たちの就活です。

地震のせいにするのは、やめましょう!

時代のせいにするのは、やめましょう!

時間をもらったことに感謝しましょう!

命について、人生について、家族について、仲間について、こんなに考えられる機会をもらったことに感謝しましょう!

ぜひ、家族と、友達と、多くの人と、語りましょう!

語ることで、自分の考えがしっかりしてきます。

頭の中で考えているだけでなく、声に出して語っていきましょう!

今、日々、この瞬間、自分自身が「自分」を作っているのです。

説明会で説明を聞いている瞬間、面接を受けている瞬間、それは、就活としてとっても有意義に感じるかもしれないけれど、実は誰にでも与えられている機会と時間。

それ以外をどう過ごしているかでその人間は作られ、それを企業は評価する。

就活して、動きまわっていることだけに終始しない就活生でいましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

就活生が今すべきこと

就勝塾 http://shukatsujyuku.com/

地震の影響で、就活が止まっている方が多くいます。

説明会や面接がキャンセルになり、今後の予定が真白になってしまった・・・

一体どう動いたら良いかわからない・・・

焦りばかりが募る・・・

などという声が聞こえてきますが、ここで自分を見失っては元も子も無いということです。

こうやって、就活を心配する自分がここにいるということに感謝しましょう。

生きていること、生活できることに感謝しましょう。

今は、学ぶべき時です。

もし、通常通りの就活が行われていたら、今どの様にしていましたか?

毎日毎日、説明会と面接のはしご。

一日3社回るのはザラでしょう。

さっき行った企業とこれから行く企業の業界が違い、求める人材が違うのに、バタバタと駆けつけ、その場に身を置いていたでしょう。

今この様なことが日本に起こり、何を感じていますか?

この日本の状態、この社会の状態、苦難に立ち向かっている多くの人々・・・

考えるべきこと、見つめるべきこと、行動に移すべきこと、たくさんあるはずです。

皆さんの頭の中は自由なのです。

この状態で、何を学んでいくことができるかで自分が作られるのです。

各企業も、採用活動どころではなくなっています。

落ち着くのには、しばらくかかるでしょう。

この時期に、学ばなければならないのに、学べなかったこと、やらなければならなかったのにやれなかった事を行い、もう一回り、二回り大きく成長していきましょう。

就活の成功は、その結果です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月13日 (日)

地震の被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます

このたびの東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

被害の状況が刻一刻と明らかになるにつれ、今回の地震が何もかもを破壊してしまう恐ろしい災害であったことに気付かされます。

こうやって、生きていられること。家族や仲間と一緒にいられること。連絡が取れること。声が聞けること。本当にそれさえあれば、後は何もいらないと実感します。

地震の後、家族は勿論、多くの仲間や友人、知人から安否確認の連絡を受けた時、本当に多くの素晴らしい仲間に囲まれて生きているんだ・・・と実感することができました。

生きているからこそ、夢を持てるし、その夢に向かって歩いてもいける。

悲しいことや辛いこともあるけれど、こうやって毎日生きていることに本当に感謝をしながら生きていかなくては、この災害で犠牲になった方々に対して、申し訳がたちません。

今回、いくつかの大切にしていた食器が割れました。残念ではあったけれど、物はいつかはガラクタになるもの。

物を所有することに価値を見出しているのは、恥ずかしいことですね。

家族を大切にすること。仲間を大切にすること。そして、その大切な家族や仲間の夢を大切にすること。それが自分の夢になると感じています。

就活生の皆さん、今回の震災で何を感じ、何を学びましたか?

犠牲になった就活生もたくさんいます。

その方々の夢も心に留めて、就活していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

企業の皆様 日本人を雇いましょう!!

昨日の巨大地震に東日本は大パニックでした。

塾生の無事を確認して、ひと安心。

ちょうど霞が関にいたため、日比谷公園に避難。

周辺のお役人様方も揺れるビル内から非難され、日比谷公園は大混雑でした。

夜中に地下鉄、私鉄が復旧したため、帰宅できました。

たまたま、外国人の知り合いが一緒にいたため、この様な時は人心が乱れ、パニックになり、多くの事件が起こるのが普通であるという話になりました。

当然、女性一人で街中を歩くのは途方もない危険度が高まり、多くの店に暴徒が押し寄せるのは必然。

ところが、人々は、整然と帰路につき、駅等で電車の復旧を待つ人々は、互いに声を掛け合い、こんな時だからこそ一層助け合う。

歩道際の帰宅難民に無料でスープやトイレを提供する店。

ここでつくづく感じたこと。

日本人のマナーの良さ!!心の広さ!!

常に理性的。周囲の人への気配りの細やかさ。どんなにぎゅうぎゅう詰めの電車でも、互いに顔を見合わせ、眼だけで「お互い大変でしたね」の挨拶。

おとなしくて、自己PRがうまく出来ず、競争心が少ない・・・などと、自分たち日本人を卑下し、外国人を多く雇う企業が増えていますが、これは大きな間違いです!!

国際競争力の強化などと公言していますが、これは必ず、国際競争力を低下させます!!

このマナーの良さ、秩序正しき国民性は一朝一夕には真似できません。

この国民でこの国を、この国の会社を支えていくことが国力を高めるのです!!

企業の皆様!!日本人の強みをしっかり認識しましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

就活の最大のライバルは?

選考が進み、一喜一憂している塾生たちを見ていると、自分の学生時代を思い出します。

私の学生時代も決して楽な就職状況ではありませんでした。

落されることは最大の悲劇のように感じるものです。

まわりは皆優秀なライバルに見えます。

自分なんか本当にちっぽけな存在で、吹けば飛んでしまいそうに感じるものです。

しかし、ライバルは周りの就活生ではありません。

ライバルは、気弱になる「自分自身」なのです。

この弱虫な自分が、自分の行く手を阻みます。

「もう無理だからやめた方がいいよ」と、悪魔の囁きをします。

「そんなに頑張っても無駄だよ」と、自分の足を引っ張ります。

この最大のライバルに打ち勝つことが、就活では大切なのです。

決して耳を貸さないこと。

「自分はできる」と思うこと。

朝起きて、鏡を見たら、鏡の自分に言うこと。

「今日もうまくいく!」

前日に不採用の通知が来たことなんか関係ない!

それは、過去の自分。

日々脱皮して生まれ変わっているのだから。

鏡に微笑むこと!

最大のライバル「自分」に勝つこと!

さあ!今日もいい日だよ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »