« 入社式 | トップページ | 都立高校での進学・就職面接指導 »

2011年4月 7日 (木)

新入社員研修

まさに今新入社員研修真っ盛りです。

日々、企業様に伺って、多くの新入社員たちに会っています。

概して、本年度の新入社員はレベルが高い!

これは、やはり厳しい就活を勝ち抜いてきた精鋭たちだからこそでしょうか?

私はいつも外部講師として各企業に伺い、指導させていただきます。

その私が、日々悩むこと・・・外部講師は厳しくあるべきなのか・・・?

様々な講師がいます。今テレビで注目されているマナー講師も、恐ろしい言葉で受講生を叱り、泣かせています。

それはそれで、効果がある場合もあるでしょう。しかし、今年のようなレベルの高い新入社員にそれをやってよいのだろうか・・・?

確かに、まだまだ学生気分の抜けない新入社員もいます。しかし、それを汚い言葉で叱りつけ、震えあがらせ、質問する言葉づかいにまで、ピリピリと神経を張らせ、それで、本当に人間として、社会人として育つのであろうか?

私は、自身は決して甘い人間とは考えていません。しかし、昔から、訓練生、生徒、受講生にとって、鬼のように怖い教官、先生、講師にはなれていません。

「厳しい」とは、いったい何であろうか?と悩みます。

各企業にとって「安全の維持」は決して甘えた気持では取り組めません。

当然まなじりを決して、決してモレがないよう、厳しく教育していかなければなりません。

しかし、「安全の維持」とは違う教育において、同じような手法で教育してよいのだろうか?

生徒や受講生がブルブル震えるほどカチコチになり、講師に声もかけられなくなるのは、それは本当に「厳しい指導」というものなのだろうか?

講師は山ほどの経験と知識を持っている。それは、長年かけて築き上げてきたもの。

受講生には、その経験がない。ないから学ぶわけだし、講師は指導するのです。

受講生は何がわからないかもわからない。何を学ばなければいけないのかもわからない。

そんな状態の受講生を叱りつけ、泣かせ、自信をなくさせ、それが「講師」なのだろうか?

なぜ、そのような講師が評価され、そのような教育を導入する企業があるのだろうか?

現場に出たとき、わからないことを「わからない」と先輩に言えないことでいいのだろうか?

勿論、何でもかんでも「わからない」「知らない」では、困る。

でも、「わからない」「知らない」と言えなくて、とんでもないことをしてしまった後では、取り返しがつかない。

体が硬くなったとき、人は力を発揮することはできない。

体は柔らかくしなやかでありながら、強い意識を持っていること・・・それがその人自身が持ってもいないと思っていた力を発揮させる・・・私はそう信じている。

見た目は楽しそうで遊んでいるみたい・・・でも、意識は強い。

何としてでも、このスキル・知識を習得したいと願わせること。それが教師、先生、講師ではないだろうか・・・

平凡な教師(講師)は「しゃべる」

良い教師(講師)は「説明する」

優れた教師(講師)は「示す」

偉大な教師(講師)は「心に火をつける」

やっぱり、「偉大な教師(講師)」になりたい。

|

« 入社式 | トップページ | 都立高校での進学・就職面接指導 »

日日是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新入社員研修:

« 入社式 | トップページ | 都立高校での進学・就職面接指導 »