« The Dusty Walls ミュージカル最高!! | トップページ | 内定! »

2011年5月 9日 (月)

就職活動に塾は必要か?

就勝塾 http://shukatsujyuku.com/

結論から言いますと、必要な人には必要で、必要ない人には必要ない。

では、どんな人には必要ないか?

1、年長の社会人とのコミュニケーション力に自信がある。

2、社会における自分自身の特異性(強み)を理解し、文章、口頭で表現できる。

3、社会人と付き合うマナーを十分身につけている。

4、多少のことには決してくじけない屈強さを持っている。

必要な人は?

つまり、反対の人です。

1、社会人とのコミュニケーション力に自信がない。

2、自分自身のどの部分を強みと捉え、どの様に表現したらよいかわからない。

3、マナーを身につけていると言える自信がない。

4、ちょっとしたことで、自信をなくしてしまうことがある。

塾も現在かなりの数になっています。

それぞれが独自性を出しています。

まず、体験授業を受けるなり、説明会に参加するなりされることが一番でしょう。

就活情報はネットや本でも得ることができます。

しかし私は、教育というものはどの様な場合も直接本人から学ばなければ意味がないと思っています。

いくつかの塾を体験したり、話を聞いてみることで見えてくるものもあるでしょう。

私自身も、もう30年も前ですが、就職のための塾に通いました。

どこでもいいから適当に就職できればいいのなら、塾は必要ないかもしれません。

それは、大学受験でも同様でしょう。

大学という名が付くところであれば、どこでもいいから入りたいという程度でしたら、今は、予備校など行かなくても入ることは可能です。

そして、その程度の意識で入った大学では、学ぶことも限られるでしょう。

それは、入った大学が悪いわけではなく、その程度の意識で入った人間が自身の可能性を狭めているのです。

しかし、自分をしっかり見つめ仕事に取り組み、社会で役に立つ人間になっていく、という気構えで就職を希望するなら、良い塾に通うことは、自分自身を成長させてくれる力強いパートナーを見つけることになります。

内定が取れなければ講座費用を返す塾もあります。

ただし、そのような塾はよく契約を読みましょう。

多くの条件が付いて、返却となるようです。

返却を目当てに入塾するのはどうでしょう?

塾に内定を取ってもらうのではなく、自分自身で内定を獲得するのです。

学ぶのであれば、ある程度の授業料がかかることは覚悟しましょう。

ただし、法外な授業料を取る塾もあります。

先日も、大学の授業で学生が相談に来ましたが、10回の授業で40万円。

毎回模擬面接だけの塾に入ってしまったようです。

自分の模擬面接はほんの15分。後は他の人を待っている時間だそうです。

もう、そのような塾につかまってしまったら、時間と労力の無駄ですね。

ですから、しっかり入会前に説明を聞き、体験授業を受けさせてもらいましょう!

塾自身が大きくなることを望んでいる塾に入るのか?

あなたが大きく成長することを望んでいる塾に入るのか?

その選択も自分自身の人生を変えるのです!

就勝塾は1年生から就職を考える「就活ゼミ」を開講しています。

それほどの負担なく、社会で活躍できる人財になっていくための勉強会です。

講師に教えてもらうのではなく、学生自ら必要なことを学んでいくスタンスに立っています。

多くのことを学び成長していきましょう!

|

« The Dusty Walls ミュージカル最高!! | トップページ | 内定! »

大学生就活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動に塾は必要か?:

« The Dusty Walls ミュージカル最高!! | トップページ | 内定! »