« 高校生の就職活動が本格化してきました | トップページ | 自己PR・長所・強みをどう表現するか? »

2011年6月21日 (火)

「エントリー」とは「エントリーシートを出すこと」ではありません!

「エントリー」とは、企業に対し、応募者がその企業に関心を寄せていることを示すことです。

そのため、「エントリー」をしたからといって、必ずしも応募書類を送る必要はありません。

企業側は、どの様な学生が自分の会社に関心を持ってくれているかつかむことができ、また説明会等の日程を組む上での参考にすることができます。

学生側は、就活サイトから自分の情報を入力しエントリーすることができます。

エントリーすると、企業から応募方法や説明会の連絡などを受けることができますので、少しでも関心のある企業に対しては、出来るだけたくさんエントリーをしておく必要があります。

「エントリーシート」は、採用試験の応募書類の一種です。つまり、書類審査の材料となるものです。

企業の選考には様々なタイプのものがあります。

書類審査から始まるもの、筆記試験から始まるもの、面接から始まるもの・・・等々です。

昔は履歴書だけでしたが、更に深く応募者を書面で判断できるようにと、企業が応募者に課し始めたものです。

「エントリーシート」の項目や字数は様々です。

代表的なものは、「自己PR」「志望動機」です。字数も50字~1000字など、企業により変わります。

応募の時点で、人気企業には10,000を超える応募者からエントリーシートが届きます。

応募者側が気を付けなければいけないことは、採用側に読みやすい文章を書くこと。

採用側が求めている人材に自分がマッチしていることを表現することです。

「エントリーシート」の内容は、SPIよりも重視している企業が多いので、要注意です。

|

« 高校生の就職活動が本格化してきました | トップページ | 自己PR・長所・強みをどう表現するか? »

大学生就活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「エントリー」とは「エントリーシートを出すこと」ではありません!:

« 高校生の就職活動が本格化してきました | トップページ | 自己PR・長所・強みをどう表現するか? »