« 内定が取れない4年生へ | トップページ | フジテレビ 目ざましテレビ 番組協力をしました »

2011年10月28日 (金)

正社員で働くということ

なかなか採用されない就活を続けていくのは、モチベーションを維持することが大変ですね。

もう正社員なんかじゃなくてもいいかな・・・

アルバイトだと、仕事を変わることも比較的自由だし、派遣だって、結構いい時給の仕事もあるし・・・

と、思うこともあるでしょう。

でも、正社員を諦める前に、現実を見てみましょう!

一般的に大卒で60歳の定年まで正社員で働いたとして、もらえる生涯給与は3億円!

ところがアルバイトや派遣社員で60歳まで働いたとしても、1億円!なのです。

正社員には、定期昇給、各種手当、ボーナス、退職金がありますが、アルバイトにはありません。

正社員は有給休暇が取れますが、アルバイトは休んでしまったら、その日は給料をもらえません。

また、正社員であれば、各種保険(健康保険・介護保険・雇用保険・厚生年金・労働保険)も会社が半分(労働保険は全額)払ってくれます。

アルバイトは自分で健康保険や年金に入らなければなりません。

これはかなりの負担になります。

ここまでは、表面的な収入等のことですが、これ以外にも正社員が良いと言われる理由が「信用」です。

これは、人間的な信用と言うことではありません。

社会的な信用。つまり家や車等の高額商品を買う時にお金が借りられるかどうか、と言うことに影響してきます。

また、転職時にも前職が正社員であったかどうかは大きなポイントとなります。

まだ、現在の日本は新卒時に正社員として就職した人間のほうを高評価するようです。

これらのことを考慮したうえで、自分の将来像を考えていきましょう。

|

« 内定が取れない4年生へ | トップページ | フジテレビ 目ざましテレビ 番組協力をしました »

大学生就活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正社員で働くということ:

« 内定が取れない4年生へ | トップページ | フジテレビ 目ざましテレビ 番組協力をしました »