« 最終面接 | トップページ | 5月 まだ内定が出ないなら »

2012年5月 2日 (水)

就職希望の高校生に伝えていること

大学進学者数が、約50%になっている今の状況で、高卒で就職することに、いろいろと考えることもあると思います。

自分も進学して、もっと勉強したい・・・

大学行ったら、もっと素晴らしい人生が開けているんじゃないか・・・

アルバイトしたり、友達と何時間もカフェで話し込んだり、もっと自由な時間が持てるんじゃないか・・・等々

しかし、まず自分の状況を見つめましょう!

もしかしたら、家庭の状況で進学できないのかもしれません。

しかし、それをチャンス!と捉えましょう!

大学行って、本当に学びたいことがあるのであれば、それは後でも出来ます。

まずは、正社員で就職して、お金を貯め、その後大学進学する、又は、通信や夜学で勉強する。

大卒の資格が欲しいのであれば、仕事をしながら資格を取るか、一旦退職して、もしくは休職して大学進学をすれば良いのです。

会社は、貴方が本当に必要な人材なら、貴方の勉強の後押しをしてくれるでしょう。

その勉強が、会社のためになると思えば、勉強後の復職も認めてくれるでしょう。

大学に行ったからと言って、素晴らしい人生が開けていると考えるのは、幻想です。

大学は、基本的に本人が学びたいことを勉強するところです。

学びたいこともないのに、通っても誰も何も与えてはくれません。

本当の友達は、学生時代にしかできない・・・これは嘘です。

仕事をしながら、多くの素晴らしい友人、先輩に会うことができます。

仕事を通じて知り合った人は一生をかけての信頼できる友となります。

時間をもてあまし、カフェで何時間も話すより、時間がない中で、時間を有効に使い、友人との掛け買いの無い時間を過ごすほうが、ずっと成長につながります。

自分の状態を、人より劣っているとか、惨めだとか考えるのはナンセンスです。

私は、高校で多くの就職希望の高校生に会っています。

その全ての方が、進学希望者より大人であり、優秀であると見ています。

また、そうでなければ、企業から欲しがられる人材には成り得ないのです。

就職希望の高校生は、誰よりも優秀なのです!

また、そう成り得るチャンスを与えられているのです!

|

« 最終面接 | トップページ | 5月 まだ内定が出ないなら »

高校生就活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244197/45104638

この記事へのトラックバック一覧です: 就職希望の高校生に伝えていること:

« 最終面接 | トップページ | 5月 まだ内定が出ないなら »